ウォーターサーバーを導入するメリットとデメリット

ウォーターサーバーのメリットは、まず水がおいしいと言うことでしょう。

最近では色々な水を選ぶ事ができますし、購入できるものはたいていは軟水です。

コーヒーやお茶を作るときにもおいしく作ることができますし、料理にも合います。
水を飲んでいるだけでもミネラルを補給できます。
普通の食事ではとることのできない微量元素などもとることができますから、メリットは大きいでしょう。

そのほかにも、わざわざ買いに行かなくても届けてくれるというメリットもあります。

ペットボトルで購入する人もいるようですが、運ぶのが大変でしょう。
ウォーターサーバーなら宅配してくれますから、かなり楽です。

デメリットはというと、費用がかかることでしょう。
水道水しか飲んでいない人なら、お金がかかるのは少しデメリットが大きいとも考えられます。

すでにペットボトルを購入している人にとっては、安くなることもありますから、これは気にしなくても良いです。
電気代がかかるというデメリットはあります。月々1,000円くらいはかかると考えておきましょう。

ウォーターサーバーというと、赤ちゃんやお年寄りのいる家庭というイメージがありましたが、最近ではデザインや大きさも豊富になってきて、一人暮らし ウォーターサーバーもあります。

ペットボトルやジュースを買って飲むよりも断然安いですし、インテリアの一部にも溶け込めるようなかわいいものも増えてきてますので選ぶ楽しみもあります。

電気料金が高くなることもできる時代ですから、これも考えておく必要はあります。
ただ、電気ポットを使うよりは消費電力は小さくなります。

このブログ記事について

このページは、adminが2013年10月 2日 01:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お試し期間を活用してからウォーターサーバーを決める」です。

次のブログ記事は「オフィスにウォーターサーバーを設置するメリット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.37